Ronチャリダーの旅行記

自転車で日本の景色を見て回ってます。おすすめの景色やグルメを是非教えてください!

ゆすはら雲の上の図書館でまったり

皆さんこんにちは。今回は「ゆすはら雲の上の図書館」に行ってきました。

須崎市を出発し、距離にして50km・登りは750mでした。そしてこの日は生憎の曇り空。風も強く大変でしたが何とか到着!

 

ここがゆすはら雲の上の図書館です!

隈研吾さんがリビングのように心地よい読書空間を目指して造りました。2020年の東京オリンピックの国立競技場を手がけたとして有名な方ですね。

 

いざ入ってみると目の前には数多くの本と木。そして次第に木のいい香りがしてきました。この図書館は地元の木をふんだんに使用して造られたそうです。

 

ゆったりと落ち着いて語り合えるラウンジやまったりと過ごせるカフェもあります。

行った時は使えませんでしたがボルダリングもありました。季節ごとの年中行事や映画会からビブリオバトルまで、交流する機会も作っています。

皆さんに素敵な時間を与えてくれること間違いなしです。

 

そしてなんと別府から来た写真を撮って25年のベテランさんに写真を撮ってもらいました。ここ数年はなかなか外に出られず、久々に写真を撮りに来たそうです。

さすがはベテラン。ブランクを感じさせない写真を撮ってもらいました。その方に別府に行ったら是非「鉄輪温泉」「血の池地獄」「海地獄」「天然坊主地獄」に行ってみてと教えてもらったので別府では温泉巡りしたいと思います。

 

昼過ぎにここを後にして16:00頃に今日の宿「遊友館」に到着しました。

 

ここは元々は学校だったそうで、懐かしい気持ちになりました。

そして泊まった日は宿泊者がいなかったのでこのデカい校舎を探索してみました。

※17:00頃には管理人も帰ってしまいました。

 

1階は和室で布団はセルフでした。押入れの中には残り4〜5人分くらい布団があったので複数人でも泊まれます。そうしたら体育館で遊んだり、運動場で遊んだりできて楽しそうですね。

2階は洋室だったのか2段ベットが2つありました。

これだけ大きければ合宿に使われてそうです。

 

今回は1階の和室に泊まりましたが部屋はすごい広くて1人では勿体無いくらいでした。(この写真で部屋の3分の2くらいです)

すごい楽しかったです。ぜひ皆さんも家族や友達と泊まりに来てください。天気が良ければ綺麗な星空を見ることもできますよ。